荒井康太(Kota Arai)
Drums/Traditional drum of "AOGASHIMA"island

伊豆諸島最南端の孤島 青ヶ島出身
幼い頃から島の伝統太鼓、島唄や踊りに慣れ親しみ育つ。
『青ヶ島還住太鼓』とその先祖であり400年から古くは800年の歴史を持つと言われる『八丈太鼓』の様々なリズムを叩き分けることのできる伝統太鼓の名手である。
 
15歳から独学でドラムを叩き始め、高校進学後、千葉を拠点にドラマーとして活動を始める。
その後、アフリカを代表するカメルーンのドラマーBrice wassyの演奏に衝撃を受け、Briceとその弟Vincent wouassiに師事する。現地カメルーンに渡りのトラディショナルのリズムをエッセンスとしたドラミングを学ぶ。近年はアジアの伝統音楽家とも交流が深く、韓国や台湾、マレーシアなどの伝統音楽家とのコラボレーション作品も発表している。
ジャズやポップス、ロックといったモダンミュージックにはじまり、韓国農楽やシャーマン音楽、台湾原住民音楽、ブラジルやアフリカなどの民族音楽、即興音楽や実験音楽、舞台音楽の劇伴、コンテンポラリーダンサーや舞踏家やライブペイントとの共演、横浜トリエンナーレ、瀬戸内トリエンナーレにて現代アート作品とアジアの音楽家によるコラボレーションコンサートに出演など、非常に幅広い演奏活動を行っている。
日本の伝統太鼓をルーツに持ち、アフリカやアジアの世界の民族音楽の豊かなエネルギーを吸収した特異な感性とリズムが創り出す自然体なグルーヴで、民族の枠を超えて太鼓の魅力を体現している。
青ヶ島太鼓・八丈太鼓は、日本の太鼓の中でも非常に歴史が深く、本土から遠く離れた『島』という独自の生活文化、音楽文化の中で長い時間をかけて培われてきた貴重な太鼓文化であります。
その文化保持や更なる普及への想いを胸に、伝統太鼓奏者として、日本のみならず海外でも多くのライブやワークショップを開催し、島の伝統音楽の魅力を発信し続けている。

Kota Arai was raised in Aogashima island(the most southern island of the Izu islands in Tokyo).He grew up accustomed to the region's art and music (traditional drum,songs,dance). 

As a Drummer, 
he plays in really various music scenes.Jazz,Rock,Pop,Improvisation,Experimental music,African music,Brazilian music,Korean traditional and shaman music,Taiwanese aboriginal music,Theater music,Collaboration concert in Artfestival with contemporary dancer,Buto dancer,Painter,Modern Arts,etc...


He was big inspired by renowned drummer Brice Wassy from Cameroon in Africa. And he has travelled to Cameroon to study traditional African rhythms.
Recently he has also big interest in travelled to study korean traditional and shaman music and Taiwanese aboriginal music and more...
He has received the high acclaim for his natural energetic rhythms and groove created by his mastery in Japanese and and East asian and Afro traditional rhythms.

As a traditional drummer. 
He is a one of the master drummer of the traditional drumming culture in Aogashima island(Kanju-taiko) and  Hachijo island(Hachijo-taiko) .He can play various color of rhythms and grooves of the traditional drumming.They has a long form of drumming culture that dates back more than 400years.It is also said that there is a history  of 800years.


He is one of the very few taiko players who can express the real sounds of Hachijo-taiko and Aogashima-taiko.
Their drumming  culture is said that it is the most melodious and historically rich and warm and unique forms of Taiko drumming in Japan.It is the special culture of Taiko-Island in japan.


He performs and holds workshops to share the beauty and the pleasance to play Hachijo-taiko and Aogashima-taiko with group of members at the many places in the world.